ぽたぽた日記

アクセスカウンタ

zoom RSS U-15

<<   作成日時 : 2009/12/27 22:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1年前の今頃は、今日は岡山だ明日はエコパだと、旅費の工面と時間のやりくりにうれしい悲鳴を上げていたわけで、誰がこんな1年後を想像していたでしょうか?


そんなレイソル欠乏症状態を解消すべく、高円宮杯第21回全日本ユース(U−15)の準決勝をみに、久しぶりに西が丘まで行ってきました。


西が丘サッカー場にはレイソルがまだJFLだった頃、なぜか東芝(現コンサドーレ)対富士通(現フロンターレ)の試合を見に来たことがあって、それ以来のことです。



試合の方は、神戸ユースを相手に延長戦まで持ち込んだのですが、残念ながら1−3で敗戦。

第1試合で札幌に敗れた東京ヴェルディとともに第3位という結果でした。



試合開始直後、あれまと思う間もなくカウンターを食らって失点・・・・。

その後はレイソルが優勢にボールを支配し、鮮やかな崩しからすぐに同点に追いついた。

前半だけでも何度か決定機を作ったのだけど、どうしても追加点を取れず1−1のまま後半へ。

後半もレイソルがボールを支配していたが、疲れからか徐々に動きが鈍くなり、神戸にボールを奪われることが多く、ゴール前での危ないシーンが続いた。

が、どうにか守りきって延長へ。

延長前半開始直後、味方セットプレーのこぼれ球をつながれ、あっという間のカウンターで失点・・・。

さらに終了間際の失点で万事休す。



こうして書くと、なんだかあまり良いところがなかったようですが、少なくとも前半はレイソルのバリエーション豊富な攻撃に、観客席が何度も沸きました。

ただ、攻撃に比べて守備がちょっと淡白な印象という感じでしょうか。

それと体格的にも他の3チームに比べて、ちょっとスマートすぎるかなと感じました。

画像



3〜4年後、この子たちの中からトップチームに昇格する子もいるでしょう。

その時、レイソルはどんなクラブになっているのか。

この子たちがレイソル以外のクラブには行きたくないと思えるような、そんな素晴らしクラブになっていることを切に願います。

お願いしますよ、河西社長!



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
U-15 ぽたぽた日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる